腸内環境を整える方法いろいろ

腸内細菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)について(プロバイオティクス)

腸内細菌に関しては、善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌など)、悪玉菌(大腸菌・ウェルシュ菌など)、日和見菌のバランスが大事という説がよく知られています。

 

乳酸菌を増やせば腸内環境が良くなるはずだということで、ヨーグルトを食べたり(動物性乳酸菌は胃酸でけっこう死んでしまうけど、その死骸も役に立つらしい)、味噌・納豆・ぬか漬け・キムチなどの発酵食品を食べている人が多いですね(植物性乳酸菌は生きて腸まで届く数が動物性の10倍)。

 

こういったプロバイオティクス(人体に良い影響を与える微生物・食品)を取り入れることは、腸内環境を整えるために有効そうです。

 

動物性・植物性にこだわらずバランスよく食生活に取り入れていきたいものです。

 

乳酸菌はいいけれど・・・

 

ただ、ここでも大切なのは摂取するプロバイオティクスの質です。

 

例えば、インフルエンザにすごい効果がある乳酸菌が入ったヨーグルトがあったとしても、そのヨーグルトに防腐剤がたっぷり入っているとしたら、それはダメでしょう。

 

これは、乳酸菌を餌にしてヨーグルトを売っているだけです。

 

食品を扱っている人ならこういった仕組みはわかりやすいでしょうが、そうでない人もこういう話にコロッと騙されないようにしましょう。

 

 

ということで、解決策として「無添加乳酸菌」にこだわって商品を選び食べてみて、その効果や感想を報告していくサイトを作りました。

 

よろしければ参考にしてください。

 

無添加乳酸機の効果を報告!

 

気軽に、お安く手に入れることはできないかもしれませんが、「食べる」というのは本来時間とお金がかかるものです。