腸内環境を整える方法などなど

う○ちについて

腸内環境が整ったかどうかを知るために良い指標となるのがウンチです。

 

理想としては、毎朝おきて1時間以内に便意が起こり、バナナ状の黄色に近い色をした太くて臭くない便が400gぐらい出ることです。

 

ちなみに縄文時代の人の便は1kg(驚愕)、戦前の日本人の便が400gぐらいだそうです(現代人は150g〜200g)。

 

戦争中にある島へ上陸して来た米兵たちが、そこかしこにある大量の便を見て、きっとたくさんの日本兵がいるに違いないと思い、攻撃を躊躇したという話もあるぐらい日本人の便量は立派だったそうです。

 

そう考えると、戦前のアメリカナイズされる前の純和食というのをリスペクトしないわけにはいきません。

 

ただ、戦後アメリカ(上流階級)で日本よりも早く菜食主義・和食礼賛が起こっているというのも皮肉な事実です。

 

ということで、和食も無形文化遺産に登録されましたので、食生活を見直して、腸内環境を整えて、毎朝「かっこいいウンチ」が出せるようにしましょう!